55年ぶり。東京都中央区の人口が15万人を突破。 - 人口・面積・人口密度・
スポンサードリンク

55年ぶり。東京都中央区の人口が15万人を突破。

東京都中央区の人口・世帯数・人口増減率・世帯増減率の推移 1920年~2015年(大正9年~平成27年) 20170118_10505052040.png
スポンサードリンク


Source:
中央区の人口・世帯数(平成29年1月1日現在) 中央区ホームページ
東京・中央区、55年ぶり人口15万人 職住接近でマンション増  :日本経済新聞

東京都中央区の人口が15万人を回復。
中央区のホームページでは2017年1月5日更新で149,640人となっていますが
記事が出た2017年1月17日時点では既に15万人を突破していたということでしょう。

55年ぶりということは1962年・昭和37年以来。

昭和37年は東京都の常住人口が1000万人を突破して
世界初の1000万都市になった年でもあります。参考:Wikipedia 1962年

さて、
中央区の人口増加の主な要因は言うまでもなく臨海部の大型マンション建設ラッシュ。
2000年前後から始まった大規模再開発は今も留まることなく続いています。

ここ20年、平成7年から平成27年の間で実に77,260人増加で、
率にすると+120.86%(数値は国勢調査を基に計算)
と人口減少時代の日本でなくても驚異的な数字。
昼間人口も凄いことになっていて
なんと
605,926人(平成22年国勢調査数値)
昼夜間人口比率は493.6%
お隣の千代田区の昼夜間人口比率に至っては1738.8%
※詳細は平成22年国勢調査 東京都区市町村別昼間人口・昼夜間人口比率


605,926人(平成22年国勢調査)というと鳥取県の人口573,441人(平成27年国勢調査)よりも32,485人も多いのです。
中央区の面積は10.21km²。
鳥取県の面積は3,507.05km²で中央区の約343倍。
鳥取県の面積の約0.3%、
東京都の面積の約0.466%しかない土地は毎日昼間になると605,926人もの人々で溢れかえっているのです。
中国の海水浴場を思い浮かべてしまいました。

世田谷区も大概でしたけど、
もはやどうしようもないレベルにまで達しているこの国の人口の偏り。
止む気配はありません。
実際、東京都中央区は2024年の人口を今より5万人多い
20万人と見込んでいます。
tokyo_chuoku.jpg
中央区章


下のグラフは国勢調査による東京都中央区の人口統計推移。
期間は1920年~2015年(大正9年~平成27年)
データ内容は人口・人口増減率・世帯数・世帯増減率。
M:明治 T:大正 S:昭和 H:平成
1947年(昭和22年) 京橋区・日本橋区統合 中央区誕生

東京都市区町村別人口推移一覧リンク

東京都  東京都 | 特別区部/23区 | 市部 | 西多摩郡 | 島部
特別区/23区
千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区
世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区
市部
八王子市 | 立川市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 青梅市 | 府中市 | 昭島市 | 調布市 | 町田市 | 小金井市 | 小平市 | 日野市 | 東村山市
国分寺市 | 国立市 | 福生市 | 狛江市 | 東大和市 | 清瀬市 | 東久留米市 | 武蔵村山市 | 多摩市 | 稲城市 | 羽村市 | あきる野市 | 西東京市
西多摩郡
瑞穂町 | 日の出町 | 檜原村 | 奥多摩町
島部
大島町 | 利島村 | 新島村 | 神津島村 | 三宅村 | 御蔵島村 | 八丈町 | 青ヶ島村 | 小笠原村
人口推移比較
特別区部/23区 | 西多摩郡4町村 | 島部9町村

旧東京府  旧東京府 | 旧東京市
旧東京市35区
旧市域/15区
麹町区 | 神田区 | 日本橋区 | 京橋区 | 芝区 | 麻布区 | 赤坂区 | 四谷区 | 牛込区 | 小石川区 | 本郷区 | 下谷区 | 浅草区 | 本所区 | 深川区
新市域/20区
品川区 | 荏原区 | 目黒区 | 大森区 | 蒲田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 淀橋区 | 中野区 | 杉並区
豊島区 | 滝野川区 | 荒川区 | 王子区 | 板橋区 | 足立区 | 向島区 | 城東区 | 葛飾区 | 江戸川区
人口推移比較
東京府・東京市 | 旧東京市35区 | 旧市域15区 | 新市域20区
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク